製品名 バランスセンサーインソール

このエントリーをはてなブックマークに追加

【別名】 (体幹感知中敷き)(左右非対称インソール)

【商品説明】 人の全体重を支えている足ですが、その足裏は横になっているとき以外、常に地面や床と接しています。勿論靴やスリッパを介していることがほとんどですが、それでも、視覚と連動して足裏のセンサー機能により地面や床の状況を感知し続けて身体のバランスを保っています。

そんな足裏ですが、年を経るごとに足首や脚全体と通じる基軸に微妙な変化が生じているのをご存じですか?

私たちの全体重が足裏のどの部分に多くかかっているかは、靴底の減り方で一目できます。

特に多いのが靴底の外側が擦り減っている状態で、それが長年続くとО脚になり、その結果身体全体の姿勢が悪くなります。その弊害で腰痛や膝の痛みが発生してきます。

この原因の全てが、実は足裏センサーの狂いにあるのです。

ほとんどの人は長年に渡り正しくない歩行姿勢を続けているため、それにより足裏の形状が美妙に変化しています。つまり足裏センサーが正常に機能しない状態になっているのです。

これを是正するには普段の歩行や生活において常に意識づけて改善する必要がありますが、それは容易なことではありません。

もはやあきらめるしかないのでしょうか・・・・

実は簡単に改善する方法があるのです。

その方法とはインソール(靴の中敷き)にある工夫をすることです。

ご存じのように、私たちの足裏には全身の反射区としてのツボがあります。

このツボは心臓のツボを除き全て左右対称になっています。

通常地面と接しない土踏まずの部位も重要で、これらが関連して左右で等しく感知するよう、すでに狂っている足裏の形に沿って自立神経が誤調整して脳に伝えてしまうため、その指令により間違った等しさを保ってしまうのです。

それではどのようにすれば、足裏センサーが正しい情報を脳に伝えることができるのでしょうか。  しかしその手段は残念ながら無いのです。

もはや諦めるしかないのでしょうか。

待ってください。・・・・・・・一つだけ方法があるのです。

その方法とは・・・・ それは逆説的発想から生み出した方法です。

左右の足裏が感知する情報を人為的にまったく違ったものにして脳に伝えることで、脳はそれを是正しようと、これまでになく集中的に働きかけるのです。

それが実際どのような経路で伝わるかは明らかではありませんが、その様子は体験者のすべてが感じることができるのです。

歩行が楽になり、身体の痛みも軽くなります。  これはもう驚きの効果です。靴に入れて歩くだけで効果を実感することができます。

お待たせしました。

その商品がバランスセンサーインソールなのです。

手作りで、しかもそのほとんどを障がい者の施設の作業として製作をお願いしているため、見た目は粗末なものですが、効果は絶大です。

その形状は、個人の足(靴)のサイズに合わせたインソールに、特定の形に切り抜いた暑さ3mmのシートを左右非対称に貼ったものです。しかも誰でも簡単に作れるようなものです。

但し、特許製品なので無断で作ることはできません。こっそり作って自分だけで使用することもできません。 私はその製作を収益性のある作業を見出せない障がい者の就労支援施設にお願いしています。そのため個人差によって出来栄えは違いますが、最終的には品質チェックをして出荷します。購入される方も、社会貢献の一旦を担っているとの想いを持っていただけるとありがたいです。

この商品は左右一組を1000円で販売しますが、より効果を出すためには左右非対称を逆にしたもう一組を合わせて、二組で一セットとして購入されることをお薦めします。一組だけですと使い続けるうちに慣れてきて効果の実感度合いが小さくなってくるので、二組を数日ごとに履き替えるとその都度新鮮な効果を実感することができます。

この二組一セットの場合は1800円でお買い求めできます。

ただし、最初は効果を確かめていただくということで一組(A組)のみ発送致します。確かな効果を実感してから追加でご注文下さい。二回目から二組一セットでお届けします。

更に効果を確かめてから継続購入されますと、二か月に一度、1500円で一セットをお届けします。ご夫婦で利用されても二か月で3000円とお手軽にお求めできます。

お若い方も将来に渡り正しい姿勢を自然に保てるよう、今から是非ご使用ください。

そしてご両親やご高齢の方にもお薦めください。年齢が高いほど効果を感じます。

マッサージなど治療院に通うと一回で3000円ほどかかるので、費用対効果の点で比較しても大変に割安です。

しかも全て料金は後払いで、10日間使って効果を感じることができなければ、代金を支払う必要はありませんので安心してお求めください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>